夏越の祓(なごしのはらえ)

公開日: 

旧暦の6月末に行われる【夏越の祓】は、半年分のケガレを落とす行事で、

この後の半年の健康と厄除けを祈願します。

新暦に移った現在でも、6月30日ごろ日本各地の神社で行われている伝統行事です。

なごし5

【茅の輪くぐり】で厄落とし

茅の輪とは、チガヤという草で編んだ輪のことです。

神社の境内に作られた大きな茅の輪の中を

【水無月の夏越の祓する人は、千歳の命延というなり】と唱えながら

8の字を書くように3度くぐり抜けます。

茅の輪をくぐることで、病気や災いを免れることができるとされています。

なごし1

冷房も冷蔵庫もない時代、蒸し暑くなる7月は、

しばしば病気がはやりました。

体力消耗するので、甘くたべやsお菓子でエネルギー補給し、

厄払いをしていたようです。

和菓子「水無月」

みなさん、甘いものは食べすぎに注意です!

 

 

 

 

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

NEW エントリー

2018.10.20 Sat
映え
2018.07.15 Sun
はじめまして
2018.07.09 Mon
猫飼いました
2018.06.08 Fri
梅雨入り
2018.05.25 Fri
久々のおでかけ
PAGE TOP ↑